NET – サービスの開始・終了等を行う – Windowsコマンド

Windowsコマンド

サービスの開始・終了から、ネットワーク資源の利用、セッションの管理、時刻情報の表示、同期などWindowsサービスの操作を行うためのコマンドです。「net use」「net start」「net stop」「net session」「net file」「net time」等のコマンドはエンジニアは必須のコマンドです。便利ですので是非覚えておきましょう。以降でNETコマンドの使い方を説明します。

NETコマンドの使い方

使用法

様々な使用用途

ユーザーアカウントの設定を変更する

コンピュータを追加/削除する

サーバやワークステーションのサービス情報を表示または設定する

一時停止しているサービスを再開する

使用されているファイルの一覧の表示または強制終了する

サーバー上のグローバルグループを表示・追加・修正する

各netコマンドの使い方を表示する

Windowsのエラー番号のについて詳細なメッセージを表示する

ローカルグループに関する情報を表示/設定する

サービスを一時停止する

共有プリンタや印刷キューの情報を表示または設定する(Windows7は利用できません。)

メッセージを送信する(WindowsVista以降は利用できません。)

ローカルマシンに接続しているクライアントの一覧情報を表示する

ネットワーク資源を利用する

サービスを開始する

ワークステーションまたはサーバサービスの統計情報ログを表示する

サービスを停止する

時刻情報の表示・時刻同期を取る

共有資源に接続または切断する

ユーザアカウントを作成・修正・表示する

リソースが公開されているマシン等の共有資源一覧を表示する

対応OS

Windows8(未確認), Windows7 Professional, WindowsXP Professional, WindowsVista, Windows2000

コメント