windows

Windowsコマンド

SYSTEMINFO – システム構成情報を表示する – Windowsコマンド

ローカル コンピューターまたはリモート コンピューターの、オペレーティングシステム構成情報 (Service Pack のレベルを含む) を表示します。WindowsServer2003,2008,2012等のサーバー系OSと、Window...
Windowsコマンド

MOVE – ファイルを移動または変更する – Windowsコマンド

ファイルを移動およびファイルとディレクトリ名を変更します。ファイル名の指定にワイルドカード(*:アスタリスク)を使うと、複数のファイルをまとめて移動することができます。移動で使うことが多いですがファイルのリネームも可能です。大事なファイルも...
Windowsコマンド

XCOPY – ファイルとディレクトリツリーをコピーする – Windowsコマンド

ファイルとディレクトリツリーをコピーするコマンドです。COPYよりもオプションが豊富で高機能です。 様々なパターンに対応できるため、ファイルサーバー等のファイルのバックアップ機能構築で利用することもできます。 テスト時にフォルダ構成だけ...
Windowsコマンド

TREE – フォルダー構造を図式表示する – Windowsコマンド

ドライブやパスのフォルダー構造を図式表示します。納品物一覧の作成やシステム仕様書作成でフォルダ構成図を提出する際にこのコマンドを利用して結果をファイルに書き出します。ファイルに書き出す場合は、リダイレクト「コマンド > ファイル名」を利用し...
Windowsコマンド

DIR – ディレクトリ中のファイル一覧表示する – Windowsコマンド

ディレクトリ中のファイルとサブディレクトリを一覧表示します。Linuxのlsコマンドに相当するものです。コマンドプロンプトに「dir」と入力するとカレントディレクトリのフォルダおよびファイル一覧を表示します。パスやドライブ名を引数に指定する...
Windowsコマンド

RUNAS – 管理者権限で実行する – Windowsコマンド

ActiveDirectory等でAdminisistrator権限を持たないユーザで利用中の端末等で管理者権限が必要なフォルダ、ファイルの操作を行いたい場合に使用するコマンドです。定期的なfontファイルの入替や管理者権限でコマンドプロン...
Windowsコマンド

MD(MKDIR)-ディレクトリを作成する – Windowsコマンド

Windowsでディレクトリを作成するコマンドです。Make Directoryの略です。「MKDIR」コマンドも同様の動作です。「MKDIR」はサブディレクトリまで一気に作成することが出来ます。詳細は以下をご参照ください。 MDコマ...
Windowsコマンド

MORE -出力を一度に1画面ずつ表示する – Windowsコマンド

ファイルや出力内容を1度に1画面ずつ表示するコマンドです。サイズの大きいファイルや標準出力の内容を確認する場合に利用します。その他コマンドラインと当コマンドをパイプ(|)を利用してコマンドライン実行結果をページ単位で表示することもできます。...
Windowsコマンド

CLS – 画面を消去する – Windowsコマンド

コマンドプロンプト上のテキストをフラッシュ(初期化)するコマンドです。 普段コマンドプロンプトを利用する方は多用されていると思います。オプション等も特になく、コマンドプロンプトに「cls」と入力してエンターキーを押下します。 CLSコマ...
Windowsコマンド

GETMAC -MACアドレスを取得する – Windowsコマンド

システムネットワーク上のアダプターのMACアドレスを表示するWindowsコマンドです。オプション(引数)を指定せずに実行すると利用している端末のネットワークに設定(バインド)されているMACアドレスが表示されます。MACアドレス(マック・...