コマンドプロンプト

Windowsコマンド

PING – ネットワークの疎通確認を行う – Windowsコマンド

利用しているクライアント端末等がネットワークに繋がっているかどうか確認を行う場合に利用するコマンドです。主に、接続先のサーバや端末が接続元とネットワークで繋がっているかを確認する場合などに利用します。pingコマンドが正常に実行された場合は...
Linuxコマンド

du – ディスク容量を確認する – Linuxコマンド

ディスク容量を確認するLinuxコマンドです。LinuxOSでディスクフルになった場合に原因を調査する場合に利用します。関連するコマンドで「df」コマンドがあります。「df -k」と「du -sh ./*」を覚えていればlinuxのディスク...
Windowsコマンド

DATE – 日付を表示または設定する – Windowsコマンド

日付を表示または設定します。日付の表示は「date」コマンド以外にも「%date%」という環境変数を利用することも可能ですが、ここまではWindowsコマンドラインで日付を管理する方法を紹介します。 DATEコマンドの使い方 使用法...
Tips

COPYコマンドでテスト作業の効率化を図る – Tips

システムエンジニアやプログラマーの方であれば少なくとも一度は経験しているであろう単体テスト。多くのテストケースを捌く必要があり、時間のかかる作業です。 特に業務系システムではデータベースを利用したテストが必須となりますが、データベースのデ...
Windowsコマンド

COPY – ファイルをコピーする – Windowsコマンド

1つまたは複数のファイルを別の場所にコピーするコマンドです。 複数のファイルを追加するときは、受け側に 1 個のファイルを指定し、送り側に複数のファイルを指定します (ワイルドカードを使うか、ファイル 1 + ファイル 2 +ファイル 3...
Windowsコマンド

NETSTAT – TCP/IPネットワーク接続状況を確認する – Windowsコマンド

プロトコルの統計と現在の TCP/IP ネットワーク接続を表示します。Windowsサーバー系OSでネットワークの接続状況や利用されているポート等を確認する際に利用します。IPやTCP/UDP以下の各パケット統計やエラー状態などを調べること...
Windowsコマンド

TYPE -ファイルの内容を表示する – Windowsコマンド

コマンドラインでファイルの中身を表示するコマンドです。コマンドラインで作業を行う場合は良く利用しますが、Windowsでの利用頻度はあまり高くありません。Linuxコマンドでは「tail」というファイルの末尾から表示してくれる非常に優れモノ...
Windowsコマンド

ECHO – メッセージの表示および表示切替を行う – Windowsコマンド

メッセージを表示したり、コマンド エコーの「ON」と「OFF」を切り替えます。コマンドラインを利用する際の必須コマンドの一つです。 コマンドプロンプトでパスワードの入力を求められた場合などに「echo パスワード | パスワードを要求され...
Windowsコマンド

NET – サービスの開始・終了等を行う – Windowsコマンド

サービスの開始・終了から、ネットワーク資源の利用、セッションの管理、時刻情報の表示、同期などWindowsサービスの操作を行うためのコマンドです。「net use」「net start」「net stop」「net session」「net...
Windowsコマンド

SYSTEMINFO – システム構成情報を表示する – Windowsコマンド

ローカル コンピューターまたはリモート コンピューターの、オペレーティングシステム構成情報 (Service Pack のレベルを含む) を表示します。WindowsServer2003,2008,2012等のサーバー系OSと、Window...