Windowsコマンド

DIR – ディレクトリ中のファイル一覧表示する – Windowsコマンド

ディレクトリ中のファイルとサブディレクトリを一覧表示します。Linuxのlsコマンドに相当するものです。コマンドプロンプトに「dir」と入力するとカレントディレクトリのフォルダおよびファイル一覧を表示します。パスやドライブ名を引数に指定する...
Windowsコマンド

RUNAS – 管理者権限で実行する – Windowsコマンド

ActiveDirectory等でAdminisistrator権限を持たないユーザで利用中の端末等で管理者権限が必要なフォルダ、ファイルの操作を行いたい場合に使用するコマンドです。定期的なfontファイルの入替や管理者権限でコマンドプロン...
Windowsコマンド

MD(MKDIR)-ディレクトリを作成する – Windowsコマンド

Windowsでディレクトリを作成するコマンドです。Make Directoryの略です。「MKDIR」コマンドも同様の動作です。「MKDIR」はサブディレクトリまで一気に作成することが出来ます。詳細は以下をご参照ください。 MDコマ...
Windowsコマンド

MORE -出力を一度に1画面ずつ表示する – Windowsコマンド

ファイルや出力内容を1度に1画面ずつ表示するコマンドです。サイズの大きいファイルや標準出力の内容を確認する場合に利用します。その他コマンドラインと当コマンドをパイプ(|)を利用してコマンドライン実行結果をページ単位で表示することもできます。...
Windowsコマンド

CLS – 画面を消去する – Windowsコマンド

コマンドプロンプト上のテキストをフラッシュ(初期化)するコマンドです。 普段コマンドプロンプトを利用する方は多用されていると思います。オプション等も特になく、コマンドプロンプトに「cls」と入力してエンターキーを押下します。 CLSコマ...
Windowsコマンド

GETMAC -MACアドレスを取得する – Windowsコマンド

システムネットワーク上のアダプターのMACアドレスを表示するWindowsコマンドです。オプション(引数)を指定せずに実行すると利用している端末のネットワークに設定(バインド)されているMACアドレスが表示されます。MACアドレス(マック・...
Windowsコマンド

ASSOC -ファイル拡張子の関連付けを表示または変更する – Windowsコマンド

ファイル拡張子の関連付けを表示または変更するWindowsコマンドです。ファイルの関連付けを行うコマンドラインです。WindowsのエクスプローラのオプションなどからGUIインタフェースで設定変更が可能ですが、コマンドラインの使い方を知って...
Windowsコマンド

HOSTNAME -マシン名を表示する – Windowsコマンド

Windowsを利用している端末やサーバのマシン名(ホスト名)を表示するコマンドです。ホスト名を確認する場合に利用します。IPCONFIG/ALL等のコマンドでもホスト名は確認できますが、比較的覚えやすいコマンドですので知っていると割と便利...
Windowsコマンド

VER -バージョンを表示する – Windowsコマンド

Windowsのバージョン情報を表示するコマンドです。OSの種類やバージョン、ビルド番号などが合わせて表示されます。各OS毎のビルド番号については末尾に纏めています。アクセス解析等でOSを採取する場合にはHTTPセッション内から該当のバージ...
Windowsコマンド

DEL -ファイルを削除する – Windowsコマンド

ファイルまたはディレクトリを削除するWindowsコマンドです。「ERASE」というコマンドも同じ機能を持ちます。削除コマンドはコマンドラインから起動するとかなり危険ですので注意しましょう。「*(アスタリスク)」指定ができ、かつ有無を言わさ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました