2013-10

Windowsコマンド

NETSTAT – TCP/IPネットワーク接続状況を確認する – Windowsコマンド

プロトコルの統計と現在の TCP/IP ネットワーク接続を表示します。Windowsサーバー系OSでネットワークの接続状況や利用されているポート等を確認する際に利用します。IPやTCP/UDP以下の各パケット統計やエラー状態などを調べること...
Windowsコマンド

TYPE -ファイルの内容を表示する – Windowsコマンド

コマンドラインでファイルの中身を表示するコマンドです。コマンドラインで作業を行う場合は良く利用しますが、Windowsでの利用頻度はあまり高くありません。Linuxコマンドでは「tail」というファイルの末尾から表示してくれる非常に優れモノ...
Windowsコマンド

ECHO – メッセージの表示および表示切替を行う – Windowsコマンド

メッセージを表示したり、コマンド エコーの「ON」と「OFF」を切り替えます。コマンドラインを利用する際の必須コマンドの一つです。 コマンドプロンプトでパスワードの入力を求められた場合などに「echo パスワード | パスワードを要求され...
Windowsコマンド

NET – サービスの開始・終了等を行う – Windowsコマンド

サービスの開始・終了から、ネットワーク資源の利用、セッションの管理、時刻情報の表示、同期などWindowsサービスの操作を行うためのコマンドです。「net use」「net start」「net stop」「net session」「net...
Windowsコマンド

SYSTEMINFO – システム構成情報を表示する – Windowsコマンド

ローカル コンピューターまたはリモート コンピューターの、オペレーティングシステム構成情報 (Service Pack のレベルを含む) を表示します。WindowsServer2003,2008,2012等のサーバー系OSと、Window...
Windowsコマンド

MOVE – ファイルを移動または変更する – Windowsコマンド

ファイルを移動およびファイルとディレクトリ名を変更します。ファイル名の指定にワイルドカード(*:アスタリスク)を使うと、複数のファイルをまとめて移動することができます。移動で使うことが多いですがファイルのリネームも可能です。大事なファイルも...
Windowsコマンド

XCOPY – ファイルとディレクトリツリーをコピーする – Windowsコマンド

ファイルとディレクトリツリーをコピーするコマンドです。COPYよりもオプションが豊富で高機能です。 様々なパターンに対応できるため、ファイルサーバー等のファイルのバックアップ機能構築で利用することもできます。 テスト時にフォルダ構成だけ...
Windowsコマンド

TREE – フォルダー構造を図式表示する – Windowsコマンド

ドライブやパスのフォルダー構造を図式表示します。納品物一覧の作成やシステム仕様書作成でフォルダ構成図を提出する際にこのコマンドを利用して結果をファイルに書き出します。ファイルに書き出す場合は、リダイレクト「コマンド > ファイル名」を利用し...
Windowsコマンド

DIR – ディレクトリ中のファイル一覧表示する – Windowsコマンド

ディレクトリ中のファイルとサブディレクトリを一覧表示します。Linuxのlsコマンドに相当するものです。コマンドプロンプトに「dir」と入力するとカレントディレクトリのフォルダおよびファイル一覧を表示します。パスやドライブ名を引数に指定する...
Windowsコマンド

RUNAS – 管理者権限で実行する – Windowsコマンド

ActiveDirectory等でAdminisistrator権限を持たないユーザで利用中の端末等で管理者権限が必要なフォルダ、ファイルの操作を行いたい場合に使用するコマンドです。定期的なfontファイルの入替や管理者権限でコマンドプロン...