今年の年末年始は久しぶりに休みが取れたので、YouTubeやスマホゲームを物色していました。
普段は全くと言っていいほどゲームをしないのですが、ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 というタイトルに惹かれました。というのも、スーパーファミコンで神々のトライフォース1をプレイした経験があるからです。
YouTubeで動画を検索した所、プレイ動画がいくつか上がっていたのですが、その中でも実況プレイ動画を見る機会がありました。

見てみると、実に面白い

正確に言うと、たくさんある実況プレイの中で特定の人のプレイ動画が実に面白く、また興味深いものでした。1日1回、30分程度で今も公開され続けています。「ゼルダの伝説 つっこみ実況」等でGoogleで検索すると出てきます。

面白いと思う部分は人それぞれですが私の主観的な感想を下記に纏めます。

  • テクニックは普通(プレイがすごく上手いわけでもない)
  • 親しみやすい(声のイントネーションとプレイ状況に臨場感が伝わってくる。イライラしているところが分かる)
  • 声が良い
  • 長すぎず短すぎず(解説がうざい実況プレイが数多くあったがそんなことがない)

経験が成せる業

実況プレイをみていて感じたのは、トークの巧さです。見ている人を飽きさせないプラスアルファのコメントを効果的に入れています。調べてみると実際にストーリミングで生配信したものをアップしているとのこと。見ていてプロだなと感心しました。実況プレイ歴も長いようなのでまさに経験がなせるプロの技です。

付加価値と創造性

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 をはじめ、大長編ドラえもんも「のび太の大魔境」が今年公開されますが、復刻版ですがリビルドして内容がグレードアップというスタイルが近年は流行です。ドラゴンクエスト等もそうですよね。対象ユーザ層も広がります。

ゼルダの伝説では音楽やワールドマップ等はほとんど同一ですが、絵になって壁に入れる、同じマップで異なるストーリーが展開される等、良いものをさらに進化させ付加価値と壁に入るゲームという創造性を生み出しており、とても面白い作品だと思います。

実況プレイも同様で、古いゲームでも新しいゲームでも素晴らしい実況が入ることでそのゲームがさらに面白く見えるのです。少し前に流行っていたマッシュアップ等が似たような仕組みでしょうか。良いものに乗っかって、サービスの上にサービスを公開する。それぞれ付加価値を生み出すアプローチは異なっており、結果として強化された完成物が大衆を引き付ける魅力を持つというのは大変興味深いものでした。

王道の中の王道

ゼルダの伝説という大船に乗っかり大仕事して結果を出す。

ここに便乗するテクニックは絶妙です!。

言うのは簡単ですが、やっていることは大津波に挑んだサーファーが波乗りしている状況なわけで。

なんとなく生き方のヒントをもらった気がした年末年始でした